自己満足で身体も温かくなる

最近エコな生活に目覚めました。
まず、始めてみたのが湯たんぽです。

やかん一つ分のお湯を沸かして湯たんぽに入れます。
最近は湯たんぽもいろいろな種類のものが売られていますが、
やはり、プラスチックのものより、昔ながらのアルミの湯たんぽの方が保温性がよいようです。

ただ、お湯を入れる口が小さいので、熱湯を入れる時には注意が必要です。

ほかほかの湯たんぽをカバーでくるみ、寝る前にお布団の中に入れておきます。

電気毛布生活に慣れた身体が、小さい湯たんぽで満足できるのかしらと思っていたのですが、これが温かいのです。

足元に置いておくだけで、ポカポカと全身が温かくなります。

湯たんぽの温かさは翌朝までしっかりと継続。
そして、翌日の夜お湯を入れ替えるまで、まだほんわかと温かいのです。

私はこのお湯を洗濯にも利用しています。
正直に言うと、電気とガス、どっちがエコロジーなのか、本
当はよくわかっていませんが、
湯たんぽは私の自己満足の気持を充分に満たしてくれています。

Posted under nocategory